「お仕事も子育ても輝きたい女性」を応援するNPO法人 CCCNET

妊娠・出産メモ

妊娠2ヶ月(4〜7週)

産婦人科受診

ほとんどの人が、この時期になると妊娠に気づきます。
「妊娠かもしれない」と思ったら、できるだけ早く産婦人科を受診しましょう。
生みたい産婦人科が決まっている人はそこで受診をし、まだ決まっていない人は、受診しやすいところへ行きましょう。
妊娠が分かったら、早く出産する産院を選び初診が遅れることのないように。出産する病院により、方針・設備・費用などの違いがあります。この時期はつわりもピークに近づいてきます。栄養バランスに気をつけながら、乗り切る工夫をしましょう。

産院のメリット・デメリット
ハッピーマタニティてるてる天使の妊娠出産百科参照
  ◎メリット ×デメリット
総合病院
  • ◎各科が同じ施設内にあり、便利
  • ◎持病がある人、お産のリスクが高い人は、専門医と相談しながら出産できる
  • ×健診のたびに担当医が変わることがある
大学付属病院
  • ◎教育・研究の場なので、最先端技術を持っている
  • ◎設備が充実し、高度医療の対応ができる。持病がある人、お産のリスクが高い人は安心
  • ×担当医が健診のたびに変わったり、診療や出産が医者の研修の場になることもある
  • ×費用面では、私立はやや高め。国公立は安めだが、食事・サービスが劣ることがある
個人病院
  • ◎出産設備が充実している
  • ◎経営ポリシーがはっきりしている
  • ◎医師と信頼関係を築きやすい
  • ×緊急時の対応や小児科医との連携などは病院により異なる
  • ×設備やサービスに応じて、費用はかなり差がある
助産院
  • ◎家庭的な雰囲気で出産できる
  • ◎費用は安めのところが多い
  • ×医療行為ができないので、リスクを抱えた場合や緊急時には、提携している病院を紹介されることもある