「お仕事も子育ても輝きたい女性」を応援するNPO法人 CCCNET

妊娠・出産メモ

妊娠9ヶ月(32〜35週)

出産に向けて!

全て計画も立て終り、赤ちゃん用品や出産の準備もすみました。 しかし、もっともっと心配性になっている自分がいます。 完璧な準備をしたいと思っても、大丈夫いざとなれば何とかなるものです。 何か忘れたのではと思ってもそれは結局、それほど大事なことでは無いことに気がつくでしょう。 それよりも、充分に休むことです。

出産の不安つぶし

出産についての心配事は、医師や助産婦さんに相談しましょう。 受診のときに、赤ちゃんの頭が大きい、子宮口が少し開いてる、なんて言われると、どうしていいかわからず、不安になってしまいますね。 この“わからない”気持ちが、不安のもと。 率直に医師や助産婦さんに相談して、不安を解消しましょう。

  • この状態があると、出産でどうなるのか?
  • 治すことはできるか?
  • 経膣分娩できるのか、帝王切開になる可能性は?
  • 生活で気をつけることは?
  • 陣痛の痛みってどの程度?
  • 痛みを乗り越えるにはどうしたらいい?
  • 不快な症状がでたけど、大丈夫?
  • …など。
親子の絆を深めるベビーマッサージ
子育てにおいて、スキンシップは基本中の基本である。 生まれた子を抱き、触れ、慈しむのはごく自然なことだ。 幼少期に十分な愛情やケアを得られなかった場合、成人してから心身に何らかの問題をきたすことが多いという。 生後すぐからのスキンシップの重要性を説く。 また、近年話題にのぼるようになったバーストラウマ(母の胎内から出るときに、新生児が感じるさまざまなストレスによる心の傷)をも癒すという。